ニュースリリース

2017.08.03日 本

GPIFがパッシブ運用のため選定した3つのESG指数全ての構成銘柄に採用

  積水ハウスは、日本株を保有する最大規模の機関投資家である日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が選定した3つのESG指数全ての構成銘柄となりました。

  地球温暖化の防止や女性活躍の推進など、社会への貢献と経営方針の一体化を目指し企業活動を推進してきたことが評価され、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスとして採用したプロバイダーの構成銘柄として選定されました。